条件を満たせば誰でも増額できる?

バンクィック 11月 18, 2016 No Comments

バンクイックを利用している人は、必ずしも安定した収入がある人ばかりではありません。専業主婦(主夫)や学生ばど本人の収入ではなく配偶者や親の収入を頼りに借金をしている方もいます。

 

家計のやりくり、学費や教材費などさまざまな面でお金が必要になります。現在の限度額ではやりくりができない場合もあるでしょう。そういった人でも増額審査に申し込むことはできるのでしょうか?

 

増額できる人の条件とは

増額審査では、返済能力の向上と信頼関係の強化が特に重要になります。きちんと返済してくれる人であると評価されることが何より重要なのです。そのため、返済できないあるいは返済でトラブルを起こしているとその条件を満たすことができず審査に落されてしまうわけです。

 

そして、その条件を満たしているかどうかは、利用者の借入履歴を元に調べられます。一定の実績がないと正確な判断がくだせないため、バンクイックとしても増額はできません。
満たさなければならない条件は以下の通りです。

  • 半年以上継続して引き出しと返済を行なっていること
  • 毎月遅れることなく返済をしていること
  • ここ半年以内は転職や引っ越しをしていないこと
  • 収入が減るあるいはなくなっていないこと
  • 個人情報に変更があった場合は必ず更新されていること

このどれかに引っかかると、増額は厳しいと考えて良いでしょう。

また、転職や引っ越し、結婚などで個人情報に変更がある場合はすぐに更新しましょう。情報に違いがあると信用が引くくなります。

 

専業主婦(主夫)や学生でも条件を満たせば増額できる?

ではこれらの条件を満たせていれば専業主婦(主夫)や学生でも増額に申し込めるのでしょうか?それぞれの最高融資限度額に達してなければ可能です。専業主婦(主夫)は最高で30万円、学生は最高10万円まで借りることが可能です。

 

つまり、この上限を超えなければ増額は可能といえるでしょう。

 

借入制限がある人が今以上の借り入れを行なうには

配偶者または親の収入で借り入れを行なっている人が制限以上の金額を借りたいなら、現在のカードローンを完済・解約して仕事に就きましょう。自分で安定した収入を得ている一個人として再度カードローンに申し込めば、返済能力と信用による限度額の設定以外の制限はなくなります。しかし、さまざまな事情でそれができないという場合もあるでしょう。

 

あまりおすすめはしませんが、バンクイックを利用しつつ他社から借り入れを行なう方法もあります。ただし、審査が厳しくなる、管理が複雑になる、返済が大変になる、といったデメリットが発生しやすくなるので、しっかりと立てられた返済プランと返済していけるだけの収入を確保しておく必要があります。

Cartwright