バンクイック増額をするときの注意点

バンクィック 11月 18, 2016 No Comments

「利用できる金額が増えれば万が一のことがあっても安心できるし、いろんなことに使えていいこと尽くめ」と感じるかもしれませんが、使い方を間違えれば最悪の場合、自己破産です。

 

たとえそこまで行かなくても、借りすぎや使いすぎなどで返済が難しくなり、生活が圧迫されることもあります。バンクイックで増額する前にどのようなデメリットがあるかきちんと認識しましょう。

 

審査時のデメリット

審査に落ちると、限度額引き下げや一時的な利用停止といったペナルティが課される可能性があります。また、信用情報には審査に落ちたことが記録に残り、再度審査を行なうときに不利になることもあります。

 

それを回避するためには、審査に落ちるような行動や状況を避けなければなりません。バンクイックをはじめ、他社借入での利用や返済でトラブルを起こしていないことが重要です。加えて、年収が上がっている、昇進や昇格をしているといった要素が増えていると審査に有利になります。

 

利用におけるデメリット

審査に通っても安心はできません。利用時でも油断していると大きな落とし穴にはまってしまうことがあります。特に、無計画な使用は債務整理や自己破産へとつながってしまうこともあるので、よく考えながら使っていきましょう。

 

使えるお金が増えたことで気持ちが大きくなってしまい、無駄に浪費してしまう可能性があります。借金という意識が薄れて、まるで自分のお金のように錯覚してしまうのです。自制心を持ってカードローンを利用できない方は、この状態に陥りやすくなります。預金が増えたのではなく、借金が増えたということをしっかり認識してうまく管理していかなければなりません。

 

しっかりした返済プランを立てておくことも重要です。借金が増えるということは返済額も大きくなるということです。金利が引き下げられる可能性があっても元金は確実に増えており、最少返済金額は残高で決まることも考えると、返済額は増額前よりも確実に増える可能性は非常に大きくなります。また、最少返済額だけ支払っても残高はほとんど減らず返済が長引く恐れもあります。

 

そうなると、不必要な利息を支払うことになり、総返済額が無駄に多くなってしまいます。月々の支払いの利便性だけを見るのではなく、総返済額を増やさないように返済していくことを意識しましょう。

 

間違った使い方をしないことも大事です。無駄に浪費するのもそうですが、他にもギャンブルやゲームの課金など、中毒性が高くやめられなくなるようなものに使ってしまうと大きな問題になります。こういったことに使ってしまうと、利用を停止させられる可能性が高くなり、一括返済を求められることもあります。

 

さらに厳しいのが、これらの場合で返済ができなくなった場合、自己破産ができなくなります。どれだけ厳しい状況になっても自力で返済していくしかなくなるので、間違った使い方は絶対にしないようにしましょう。

Cartwright